働き方

広告メディア事業を行う5社がオフィス移転。あの有名な◯◯屋の自販機も、、、?

11月5日より、グリーグループの広告・メディア事業を担う5社(グリーライフスタイル株式会社リミア株式会社株式会社3ミニッツの一部、Glossom株式会社グリーアドバタイジング株式会社)が、新宿オフィスでの営業を開始しました。
今回は、新しく建てられた「住友不動産新宿セントラルパークタワー」内にあるオフィスの様子をご紹介します。

新宿オフィスは本社のある六本木からは都営大江戸線で一本の都庁前駅や、東京メトロ西新宿駅が最寄駅です。
新宿駅から歩くこともでき約15分ほど。駅からはシャトルバスも出ています。

まずは同ビル14階にあるエントランスから紹介します
各社のロゴが掲載されているこちらのレンガ。よく見るといくつか色のついたレンガがあります。

こちらは、壁の一部がLEDとなっていて時間によって色が変わる仕組みとなっています。
オフィス改装の担当者に目的を聞いたところ「皆さんの気分を変えていただくためです!」とのことでした。

続いてお客さまやチームメンバーと行う打ち合わせスペースを紹介します。

部屋によって椅子やテーブルの家具が異なり雰囲気も変わります。
窓も大きく新宿の街並みが一望できる部屋も。
そして、西新宿のオフィスにもGoogleのスマートホワイトボード「Jamboard」が導入されています。
(導入の経緯などは、今回の西新宿のオフィス移転も担当したメンバーのブログからどうぞ)

続いては、執務室エリアの紹介です。

デスク周りはセキュリティの関係上お見せできませんが、執務室エリア内にもさまざまな形をしたテーブルと椅子の共有部があり、ちょっとした休憩やミーティングを行うことが可能です。
今回は5社合同のオフィスなので、グループ内のコミュニケーションも活発になるかもしれません。

最後に飲食も可能なコワーキングスペース「Breakthrough Base」を紹介します。

Breakthroughは、「リラックススペースだけではなく、未来を切り開く、現状を突破する場として生かす」を、Baseは、「ただの場所ではなく、力強さと何かを企てている感を匂わせる基地」の意味のもと、コワーキングスペース「Breakthrough Base」は誰でも利用することができます。

食事はもちろんのこと、メディアの記事を書くアルバイトのライターなどがこちらで作業することもできます。

家具は全て可動式なので、こちらのスペースで大規模なイベントも開催することができます。
インフルエンサーのmeet upやセミナーなども開催できるように作られているようです。

そして最後に、今回のこのコワーキングスペースに有名なお店の自販機が登場しました。
ある社員の投稿が大きな反響を生んだので、そのツイートでご紹介します。

社員のTwitterより

なんと、松屋さんの牛丼が買える自販機が設置されました。
いつもお店で食べるあの味が、オフィスから出ることなく、しかも電子レンジで温めるだけで食べることができます。
味も店舗と同じと、初日から社員の間で大反響だったそうです。

さまざまな工夫がある西新宿のオフィスもぜひ、機会があればお立ち寄りください。

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事