CSR

【Pick Up】CSR冊子「OUR ACTIONS Vol.5」より「誰もが安心できるネット社会を目指す 〜企業が学ぶ情報モラル〜」

 グリーは、2012 年から「ネットリテラシー」をテーマとする啓発講演「正しく怖がるインターネット ~事例に学ぶ情報モラル~」を全国で実施しています。私たちは、インターネットを利用したサービス・コンテンツを提供する事業者として、事業の中で得られた知見や知識を社会に還元し、全ての方々に安心してインターネットを利用していただけるよう取り組む責務があると考えています。その一環として、各地の学校や企業、公的機関などで、子どもから大人まで幅広い方々を対象に講演を行っています。

 「インターネットでは、なぜ短時間で個人を特定されてしまうのか」「 ネット上での情報拡散の仕組み」―。 2018 年 6月、静岡県にある株式会社BANDAI SPIRITS バンダイホビーセンターで働く社員の皆さんに向けて行った講演では、ネット炎上の仕組み、そしてそれがもたらす人生への悪影響について、実例を交えてお話ししました。

 グリーが啓発講演を始めた当初からお伝えし続けている「インターネットは玄関の外側」というフレーズは、「インターネットは現実世界の延長線上にあり、ネットと現実は何ら変わらない」ということを伝えるための言葉です。玄関の外側に貼り出せない内容はネットにも貼り出せないし、書けない。実は日常もインターネットも、守らなければいけないルールやマナーは同じである、ということを分かりやすく表すフレーズです。皆さんにインターネットの「正しい怖がり方」をお伝えし、誰もがネットを単なる道具として使いこなせる世界を目指しながら、グリーはこれからも多くの方にメッセージを伝え続けていきます。

株式会社BANDAI SPIRITS バンダイホビーセンター

©創通・サンライズ

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事