宇宙を題材にした子ども向けVR体感サイエンスツアー「ありえなLAB」を開催

VR/AR分野における宇宙関連データを用いた新事業の共創

グリー株式会社
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:田中良和、以下「グリー」)と国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(本社:東京都調布市、理事長:山川宏、以下「JAXA」)は、2017年9月に覚書を締結し、仮想現実および拡張現実(以下、「VR/AR」)分野において、宇宙関連データを活用した新たな事業創出に関する連携協力を行い、重力をはじめとする月の環境を学ぶ子ども向けVR体感サイエンスツアー「ありえなLAB(https://ariena-lab.com/)」のコンテンツを共同制作してきました。

この度、これまでの連携協力を発展させ、新たな発想の宇宙関連事業の創出を目指す「JAXA宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC:ジェイ・スパーク)」に位置づけ、「ありえなLAB」をメインコンテンツとした、宇宙体感!ワークショップ「月面キッズキャンプ」を2019年3月25日(月)~5月31日(金)の期間、よみうりランド(東京都稲城市、神奈川県川崎市)にて開催いたします。

この取り組みを通して、VR/AR分野における宇宙関連データを用いた新事業のコンセプト共創を行い、VRが表現する仮想現実の世界を、“空想”ではなくより“現実”に近づけることでコンテンツの価値を高め、より多くの人々がVRにより“現実”の宇宙空間を体感できる機会を提供することを目指します。
グリーは、たくさんの子どもたちに宇宙に興味も持ってもらい、宇宙に携わる人が増えるきっかけとなるVR/AR事業を推進し、宇宙や地球の未来へ貢献していきます。

宇宙を体感!ワークショップ「月面キッズキャンプ」とは

子ども向けVR体感サイエンスツアー「ありえなLAB」やさまざまな宇宙関連展示、プログラミング教室を通して、楽しみながら宇宙や月について学ぶことができる月面体感ワークショップです。詳細は、「月面キッズキャンプ特設ページ」をご参照ください。

これまでの経緯

JAXAとグリーは、VR/AR分野において、人工衛星等宇宙関連データを活用した新たな事業創出へ向け、宇宙を題材にした体験コンテンツの共同制作に関する連携協力を行ってきました。全球降水観測計画「GPM」で観測された降水データを架空の街で体験できるコンテンツ「世界一の雨降り体験VR」の開発や、VRを活用して月面ならではのスポーツを開発する「月面スポーツVRハッカソン」等を開催しました。また、重力をはじめとする月の環境を学ぶ子ども向けVR体感サイエンスツアー「ありえなLAB」を試行するなど、人工衛星データおよびVR技術を活用したサービス実現に向けて、各種の取り組みを進めています。

「JAXA宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」とは

宇宙ビジネスを目指す民間事業者等とJAXAとの対話から始まり、事業化に向けた双方のコミットメントを得て、共同で事業コンセプト検討や出口志向の技術開発・実証等を行い、新しい事業を創出するプログラムです。
http://www.jaxa.jp/press/2018/05/20180511_jsparc_j.html
http://aerospacebiz.jaxa.jp/solution/j-sparc/

GREEおよびGREEロゴは、グリー株式会社の登録商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

以上

本件に関するお問い合わせ先

プレスリリーストップ

最新のプレスリリース