GREE(グリー)の始まり

グリー創業者の田中良和は2003年の26歳の時に、新しいアイデアをサービスとして生み出すため、独力でSNS「GREE」を開発しました。その後利用者の急増に伴い「GREE」は個人が独力で運営することが困難な規模になっていきました。そうした中、田中はサービスの継続を強く望む利用者からの声を受け、さらに多くの人に利用してもらうサービスを目指すため、2004年12月にグリー株式会社を設立し、今に至ります。

こうした「新しいサービスを生み出したい」「もっと多くの人に使ってもらいたい」という強い気持ちと、それを実現するために諦めず挑戦し続けてきた行動が、GREEの始まりには強く刻まれています。

GREEの由来

GREEは、6次の隔たりを意味する「Six De“gree”s of Separation」という仮説から名付けられました。「人は、自分の知り合いを6人以上たどっていくと、世界中の人とつながりを持っている」というこの概念は、1967年に心理学者のスタンレー・ミルグラム(Stanley Milgram)が実際のソーシャルネットワークの平均最短距離を調査するために米国で実施したスモールワールド実験(Small World Experiment)以降、広く知られるようになりました。

GREEという名前には、ネットワークやコミュニケーションに代表されるインターネットの「面白さ・便利さ・楽しさ」を新しく生み出していく存在でありたい、というメッセージが込められています。

沿革

2004年

2月

田中良和が個人サイトとして「GREE」アルファ版を公開

12月

GREEの運営を目的としたグリー株式会社を設立

2005年

6月

世界初のフィーチャーフォン版SNSの提供開始

2006年

7月

KDDIと資本業務提携を締結

2007年

5月

世界で初めてのモバイルソーシャルゲーム「釣り★スタ」を公開

2008年

12月

東京証券取引所マザーズに上場

2009年

12月

デロイト「日本テクノロジー Fast50」で成長率が2年連続国内1位

2010年

6月

東京証券取引所市場第一部に上場

2011年

1月

GREE International, Inc.(北米子会社)設立

9月

東京ゲームショウ2011に最大級のブース規模で初出展

11月

グリーベンチャーズ株式会社を設立

2012年

5月

グリービジネスオペレーションズ株式会社(特例子会社)を設立

6月

世界最大のゲームショウ「E3 2012」に初出展

10月

モバイルソーシャルゲームを企画・開発・運営する株式会社ポケラボを子会社化

2013年

11月

Glossom株式会社を設立

2014年

2月

ゲーム開発スタジオ株式会社Wright Flyer Studios(現 株式会社WFS)を設立

2015年

7月

住まい・暮らしのメディア「LIMIA」を運営するリミア株式会社設立

10月

ゲーム運営事業を展開するファンプレックス株式会社を設立

2016年

4月

北米スタートアップ企業に投資するGVR Fund, LP(現 GFR Fund, LP)を設立

4月

カスタマーサポート事業を展開する株式会社ExPlayを設立

5月

日本国内最大級のVRカンファレンス「Japan VR Summit(JVRS)」を開催

8月

IT業界で初めて「スマート招集」を導入

2017年

2月

ファッション動画マガジン「MINE BY 3M」などを運営する株式会社3ミニッツを子会社化

2018年

3月

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社を設立

3月

DMPを手がけるクオント株式会社を子会社化

4月

ライブエンターテインメント事業を運営する株式会社Wright Flyer Live Entertainment(現 REALITY株式会社)を設立

8月

Wright Flyer Live Entertainment(現 REALITY株式会社)、世界初のVTuber専用ライブ配信プラットフォーム「REALITY」8月7日(火)提供開始

2019年

1月

「ARINE」や「WOOZ」などを運営するグリーライフスタイル株式会社を設立

2020年

3月

グリーベンチャーズ株式会社を設立

9月

監査等委員会設置会社へ移行

2021年

7月

グリーエンターテインメント株式会社を設立

7月

GREE LP Fundを設立

8月

REALITY株式会社のライブエンターテインメント事業を再定義し、メタバース事業に参入