CSR

【CSRレポート】グリーが「Application Performance 2012」に参加しました

グリー株式会社(以下「グリー」)は、2012年11月13日に東京ミッドタウン・ホールで開催された、株式会社ナノオプト・メディアが主催する「Application Performance 2012」に登壇しました。

「Application Performance 2012」は、クリティカルなITシステムを運用する企業のパフォーマンス保持について紹介するセミナー型イベントです。グリーからは、開発本部より梶原が登壇し「GREEのグローバル展開を支えるパフォーマンス戦略」と題した講演を行いました。その中で、かつてフィーチャーフォン向け通信環境で取り組んで来た事例をはじめ、現在のスマートフォンを対象としたパフォーマンス分析や維持、グローバル展開におけるパフォーマンスの高速化、拡張などについて話しました。

グリーは、オープンソースソフトウェアの公開やアカデミアへのデータ提供などを通し、インターネット技術の持続的な発展に積極的に貢献することを重要なミッションの一つと考え、これまでも講演や技術コミュニティへの支援を実施してきました。今後も、日本のインターネット産業の強化と、その発展を支える技術者の人材育成へ積極的に取り組んでいきます。

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事