働き方

【新卒採用インタビュー】より良いビジュアル体験で、感動を巻き起こしたい。

“魅力的なビジュアルで感動を生み出す”

今でもずっと、ビジュアルで世界観を表現することに夢中です。
そのきっかけになったのは、中学生のとき。友人が書いていた小説をイラスト化したことです。小説から受けたインスピレーションを元に、自分の中でキャラクターや背景をイメージして描いたのですが、周囲からの評価は想像以上でした。ビジュアルで世界観を描くことのおもしろさに、そこで気づいたんだと思います。
高校生になって、部活でゲーム企画をした経験から「実際にプレイできるものを視覚化したい」という願望が強くなりました。それが、ゲーム制作を目指すことになった原点です。

目標は、ユーザーの皆さまが驚くような、魅力的なゲームビジュアルを生み出すこと。ビジュアルを描く上で気をつけていることは、それがゲームである以上、自己満足で終わることは許されません。そのビジュアルによって、ユーザーさまにもっとゲームへの没入感を高めてもらい、喜びや笑顔、感動を体験してほしいと思っています。

“多角的にゲームビジュアルを考えること”

学生のころは、2Dイラストを描くことが中心でしたが、もっと幅広く経験を積み上げていきたいという気持ちが常にありました。なので、3DやUIデザインなど、さまざまなジャンルの仕事の経験ができるWright Flyer Studios事業本部は、自分にとっては充実した環境です。
私の強みは、「強い向上心」と「新しいことを受け入れるポジティブな姿勢」。良いビジュアルを描くために、自分が経験したことのない分野も勉強するということに、戸惑いはありません。仕事の場でありながらも、常に新しいチャレンジができるグリーの社風には、とても感謝しています。

グリーに入社したことで、絵を描くことがすべてだった自分の視野は大きく広がりました。現在はUI/UXチームに所属していますが、例えば、UIデザインにおいてもUI単体での美しさだけではなく、ゲームビジュアル全体との調和を意識するようになりました。そして、UI/UXチームの特性上、短いスパンでプロジェクトが切り替わるので、限られた時間内にUIのキービジュアルを生み出さなければならないときは、かなりプレッシャーとやりがいを感じるようになりました(笑)。

理想とするゲームの世界観と、自分が想定したUIとのマッチング、ユーザーさまの没入感を高めるためのデザインを考えることは、非常にハードルが高いです。それだけにユーザーの皆さまに、満足してもらえるようなデザインを提供できたときの喜びは、とても大きいです。

“さまざまな経験がビジュアルの糧になる”

グリーのバリューのひとつに、「現状に甘んじない。さらに高い目標をめざす。」というものがあります。ものづくりへのこだわりはもちろん、社員一人ひとりの成長のためにも挑戦の機会を提供し、サポートしてくれる会社だと思います。
先にも話しましたが、「幅広い経験ができる機会」にいつもチャレンジできるところがグリーの魅力です。新しいプロジェクトがスピーディーに立ち上がるため、自分が望めば幅広い業務に挑戦できます。

私の目標は、今後もユーザーさまにより良いビジュアル体験を提供し、多くの人々にインスピレーションを与えることができる作品を生み出すこと。そのために、幅広いゲームビジュアルに精通しているアートディレクターを目指して、毎日仕事に取り組んでいます。

仕事に対する熱意さえあれば、さまざまな経験ができるグリーは、非常に魅力的だと思います。私もさまざまな業務を経験したことが、確実に自身の成長につながっています。もしも、ともに働く機会があれば、日々の経験を積み上げて、いっしょに成長していければと思っています。

Wright Flyer Studios事業本部
グリーのクリエイターを集結させて、2014年にテイクオフしたゲーム制作スタジオ、Wright Flyer Studiosを展開。新しいゲーム体験を生み出すこと、多くの人に楽しんでもらえるものを作ること、クオリティーに妥協せずに最高のゲームを生み出すことを3つの約束として、世界中の人に新しい驚きを届けるという夢に向かって挑戦している。

崔 理(チェ リ)
Wright Flyer Studios事業本部所属。2018年新卒入社。最初の1年はキャラクターデザイン、イラスト制作、外注管理 等の2Dデザイナーとして活躍。今は知見を広げるためにWFS本部直下のUI/UXチームに所属され新プロジェクトのUIに関するビジュアル/ワイヤーフレームの設計を担当している。

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事